一般雨樋と銅製の雨樋の違い

あまどい屋 日本住宅診断株式会社 TOP > 一般雨樋と銅製の雨樋の違いとは

一般雨樋と銅製の雨樋の違いをお伝えします。

雨樋修理・雨樋交換のあまどい屋です。

雨水が住宅内に侵入する事が予防でき住宅の寿命を長くさせられる雨樋は、
形状や設置方法と共に用いられている素材にも違いがあります。

最も用いられている歴史が長い素材が一般雨樋として扱われている塩化ビニール製であり、塩化ビニールという特性上軽量で取扱しやすく、容易に組み立てられるという利点がある上にコストも低く抑えられるとして人気が高く定番になっています。

塩化ビニール製と同様に一般雨樋として扱われている雨樋として挙げられるのが合成樹脂製で、外見上は塩化ビニール製と大きな差異が無いものの、樹脂の表面上に紫外線対策が行えるため日当たりなどを考慮し、耐久性が高い雨樋を選択したい時に選ばれています。

こうした塩化ビニール製や合成樹脂製の一般雨樋の他にあるのが銅製であり、銅製は一般的なタイプに比較して取り分けて耐久性に長けているため、強い風も伴う台風はもちろん重量がある雪が降った時にも破損しません。

また、耐久性に長けているという点では錆びにくいという様子も挙げられ、雨樋の本体や接続部分などが錆びてしまい外見上が悪くなったり、腐食し穴が空くという心配も無用です。

しかも、銅製は当初は鮮やかな赤みが強い橙色ですが年月が経過する度に色が変化し、最終的には神社のような青緑色で威風堂々とした風格が得られます。

火災保険申請に関するご質問・お見積り・ご相談 全て 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。