修理すべき雨樋の不具合・・・は何?

あまどい屋 日本住宅診断株式会社 TOP > 修理すべき雨樋の不具合・・・は何?

修理すべき雨樋の不具合・・・は何?をお伝えします。

雨樋修理・雨樋交換のあまどい屋です。


日頃から風雨や太陽の熱などにさらされている雨樋は、
長く使用しているうちに破損したり劣化したりすることがあります。
雨樋の耐用年数は、大体10年から20年程度と言われています。

そのため不具合が生じたら修理が必要になることもあります。
雨樋が破損すると、外壁などに雨水がかかってしまうことになります。
それにより外壁にひび割れが生じたり、雨漏りなどが発生したりすることもあります。

雨水が建物の内部に侵入しやすくなるので、建物全体の劣化を進めてしまうことにもなりかねません。
雨樋には雨が降った時に、一旦雨を受け止めて雨水を上から下に流す役割があります。
途中で破損してしまうと、思わぬ場所に雨水が漏れてしまうことになります。

それから雨樋に詰まりが生じることもあります。
風が吹くなどして土や砂、落ち葉などが詰まってしまう事があるのです。
少しだけであれば雨水によって流されていきますが、量が多いと詰まってしまいます。
雨水の流れをせき止めることになるので、溜まった土や落ち葉などを取り除く必要があります。
台風などで様々なものが吹き飛ばされた後などは、ゴミが溜まりやすくなってしまいます。
子供の玩具として使われていた小さいボールなどが詰まってしまうこともあります。

火災保険申請に関するご質問・お見積り・ご相談 全て 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。