火災保険で雨樋の修理ができる?

雨樋の点検方法についてお伝えします。

雨樋修理・雨樋交換のあまどい屋です。

雨樋の点検方法を教えてください
とお声をいただきました。

屋根全体に降り注いだ雨が雨樋に一箇所に集中するという特性上、
屋根の上の汚れや物が溜まりやすいので、
定期的に雨樋の中などに枯れ木や泥、
ホコリなどが溜まっていないか確認しましょう。


枯れ木や泥、ホコリなどが溜まっている状態で放置するとゴミによる重量で
つなぎ目が外れてしまったり、割れたりする可能性が高まるので、
ゴミが溜まっている時には合わせてつなぎ目の
外れや割れの有無もよく確認します。


また、つなぎ目の外れや割れは雨樋に
ゴミが蓄積していなくても築年数が古い物件や、
台風など強い雨と風が生じる荒天時にも見られる問題なので、
築年数が古い物件に生活している方や荒天に
見舞われた方も同じく点検する事が大切です。


雨樋にひび割れが生じていて水が漏れ出している場合、
塩ビ製なら一部を交換したり接着剤を使用すれば応急処置ができますが、
設置後10年以上が経過している場合は
以後他の箇所も立て続けに水漏れが生じる可能性があるので、
10年以上が経過しているのなら全体的に
取り替える計画を立てるようにしましょう。

そして、荒天に見舞われた場合や冬になると雪が降る地域で起こりやすいのが
雨樋が大きく湾曲する様子であるため、屋外から雨樋を確認ししっかりと
直線的に設置されているか点検します。

火災保険申請に関するご質問・お見積り・ご相談 全て 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。