火災保険で雨樋の修理ができる?

あまどい屋 日本住宅診断株式会社 TOP > 火災保険で雨樋の修理ができる?

火災保険で雨樋の修理ができる?かをお伝えします。

雨樋って本当に火災保険でなおせるの?
とお声をいただきました。

自然災害がきっかけで雨樋が破損した結果、室内に雨漏りが生じてしまった場合は
加入している火災保険を用いて雨樋の修理費用に充てられます。

そのため、台風などにより物件に備え付けられている雨樋が変形したり、
壁面の留め具の部分から外れてぶら下がっている状態になっている時には
火災保険を適応して修理可能です。

また、雨樋は雪が降り積もった際に重量によって破損しやすいという特性から、
例年雪が積もる地域の住宅には用いられない傾向にありますが、

昨今はこれまで雪が降り積もる機会がそう多くなかった地域でも雪が降り積もる事例が増えており、

雪の重みによって雨樋が壊れるケースが増加傾向です。
そのような降り積もった雪の重みにより雨樋の変形や落下、
変形による水漏れなどが起きた際にも火災保険を利用して修理できます。

そして、台風のように暴風が吹き荒れると雨樋自体は破損しなかったとしても、
屋根が浮いたり剥がれる事によって結果的に樋が正しく機能しなくなり、
途中で水漏れが発生したり壁に雨が伝わるようになります。

そのように暴風により屋根が破損した結果、樋が正しく機能しなくなった際にも
火災保険が利用可能なので、屋根という修理の対象範囲が広くなる箇所の修理時には頼もしい制度です。

火災保険申請に関するご質問・お見積り・ご相談 全て 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。