よくあるご質問

見積は無料でしょうか?
見積相談は無料になります。
お気軽にご連絡ください。
雨樋修理に火災保険は使えますか?
自然災害(雪、雹、台風)などの被害を受けている場合は
火災保険を適用して修復できます。
経年劣化によるものは火災保険で修復できませんのでご注意くださいませ。
一度プロに確認してもらうことをお勧めします。
雨樋を修理いいのか交換すればいいのか悩んでいます。
見極め方はありますか?
見極め方は特にはございません。基本的に雨樋の寿命は10年と言われています。
10年を超えてくると交換をお勧めします。
一方2年しか雨樋を使用しておらず雹害などにあい穴があいてしまった場合は
その雨樋自体は十分使える状態なので修理をお勧めしています。
雨樋を修理を火災保険を用いて行うことを検討しています。
リスクなどはございますか??
リスクは一切ございません。
保険を適用して階級が上がったりすることなどもございません。
強いて申し上げるとしたら、
委託する業者が保険申請に詳しいかどうかが確認することをお勧めします。
保険申請に詳しくない業者に委託すると落ちるお見舞金も落ちにくくなります。

詳しくは、プロが教える保険申請の仕方に記載させていただいています。
ご確認くださいませ。
雨樋交換はする時は縦樋と横樋両方工事したほうがいいですか?
両方工事する必要はございません。
ただし、雨樋の種類が違うと見栄えが悪くなりますのでご注意ください。
雨樋の種類って何がありますか?
一般住宅に多く使われるのが「硬質塩化ビニール製」の雨樋です。「硬質塩化ビニール製」雨樋の中にスチールを埋め込んだ「アイアン」(パナソニック電工製)もあります。 その他、ステンレス製・銅製・ガルバリウム鋼板製の雨樋があります。
銅の雨樋交換はする時に200万近く請求されました。妥当ですか?
どれくらいの長さの樋を交換するかによって大きく変わってきますが銅の樋は金額がどうしても高くなってしまう傾向は弊社にもございます。何社か相見積をすることをお勧めいたします。
雨樋交換を自分でDIYでやろうと考えています。リスクはありますか?
リスクはございません。
気を付けないといけないのが、安全面と勾配面です。
詳しくは、プロが教える雨樋交換の仕方に記載しています。
家はどうして塗装するのですか?
建物を保護するためです。家を塗装するのは、カラフルな色で美観をつくりだすと同時に、壁や柱が腐食してしまうのを防ぐためなのです。 塗装されていなければ直ぐに家が傷みます。 自然環境から建物を保護する際に、最も大きな要素となるのは塗装なのです。
外壁屋根塗装工事の時期はどのくらいの周期で行えばよろしいでしょうか?
塗装の周期は壁がどのような状態化によって変わってきます。
参考までに基本目安としてはサンディング壁の場合は8~10年です。
モルタル壁の場合は10~12年が塗装の目安です。
外壁塗装工事の2回目を行う場合、1回目の違いはありますか?
基本的に新築から初回(だいたい10年過ぎ)の塗装より、今回2回目の塗装の時のほうが、手間がかかります。
というのは新築時の塗膜も25年経過し、素地からの剥離の可能性も高くなってくるのと、新築時の塗膜の上から塗った初回時の塗装もはがれてきたりするからです。
1. 新築時の塗装
2. 初回時の塗装(約10年目)
この1と2の浮いたりはがれかかっている旧塗膜の撤去作業が、築25年経過していれば必要になるからです。まずその年数から言って、旧塗膜のケレン作業が必要になるケースがございます。
塗装工事でシンナー臭くなりますか?
使用する塗料によってはにおいを抑えることができます。
においが気になる場合は事前に伝えていただければ対応することが可能です。
塗装工事をする際に気を付けたほうがいいことはありますか?
弊社では現在はないことですが、よく聞くトラブルとしてはベランダ床の塗装工事です。床の塗料が別の種類になりますので事前に確認しないと「言った」「言わない」のトラブルになります。気を付けてください。
塗装工事でシンナー臭くなりますか?
使用する塗料によってはにおいを抑えることができます。
においが気になる場合は事前に伝えていただければ対応することが可能です。