雨樋の種類と業者への頼み方を教えてください

あまどい屋 日本住宅診断株式会社 TOP >雨樋の種類と業者への頼み方を教えてください

雨樋の種類と業者への頼み方を教えてください

雨樋修理・雨樋交換のあまどい屋です。

雨樋の種類と業者への頼み方を教えてくださいと質問を頂きました。
家は新築で建てても年月が経つと劣化するので、
美しい外観と機能を維持するためには定期的なメンテナンスが必要です。
屋根のチェックは雨漏りを防ぐためにも大切で、
雨樋が壊れてしまった場合は専門業者に修理を依頼する必要があります。

雨樋は屋根の雨水を集めて下水や地上に排水させる設備で、
取付ける位置により様々な呼び方があります。

雨水を集めて排水させる筒状の建材は、プラスチック製品が使われるケースが多いです。
建物の端や軒先に取付けられる部材なので目立ちませんが、
雨が多い日本の建物には必要不可欠な建材になります。

建物に取付けていない場合は屋根に落ちた雨水が屋根全体から流れ落ちるため、
建物の腐食や騒音の原因になりやすいです。

雨樋があれば、雨が降った場合も屋根を保護して建物の劣化を防ぎます。
軒樋は屋根の軒先に取付けられる水平方向の設備で、
屋根に降った雨水を効率よく集められます。

軒樋には、雨水を流せるように特定の方向に勾配が付けられています。
竪樋は垂直方向に取付けられている設備で、雨水を下水や地上へと導きます。
集水器は軒樋と竪樋を繋いでいる部材で、四角い枡のような形になっています。
竪樋と軒樋を繋ぐ集水器が建物に取付けられていると、多くの雨水を集められます。
軒樋と竪樋には、それぞれ四角い製品と丸い形の製品があります。

昔の住宅は基本的に丸い形の製品が採用されていましたが、
丸い形の製品は価格の安さが特徴です。
最近は排水機能と強度が重視される傾向があるため、
四角い形の製品が人気を集めています。

雨樋の素材には、安価なものから高品質で価格が高いものまで様々な種類があります。
戸建て住宅で最も普及しているのがプラスチック製で、施工がしやすく軽量で安価です。
紫外線に対する耐性は低く雨風にも弱いため、
経年劣化により外れや歪みなどの不具合が起こります。
断面積が大きくて丈夫な製品が理想ですが、
建築費用を抑えられる丸型が広く普及しています。
最近はプラスチックの中に鉄の芯を入れて補強しているタイプもあり、
丈夫なので好評です。
アルミ製は高価ですが、30年以上経過しても機能に問題なく長く使えます。
仏閣や神社で多く使われているのが銅製で、
銅は経年変化により参加するので色合いに深みが出ます。

経年劣化のトラブルなどで雨樋の修理を依頼したい場合は、
屋根工事の専門会社に依頼するのが一般的です。

昔は主に板金工の職人が修理を行っていましたが、
現在は屋根工事の専門会社に依頼すれば適切な方法で修理してくれます。

火災保険申請に関するご質問・お見積り・ご相談 全て 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。