雨樋のつまりを放置するとどうなる?

あまどい屋 日本住宅診断株式会社 TOP > 雨樋のつまりを放置するとどうなる?

雨樋のつまりを放置するとどうなる?かをお伝えします。

雨樋修理・雨樋交換のあまどい屋です。

雨樋のつまりを放置するとどうなる?
とお声をいただきました。

建物に雨樋が設けられていないと、雨天時に屋根に降り注いだ雨が屋根から地面に直接的に落ち続けてしまうため落下した雨水によって溝が生じ、
生じた溝は少しずつ深くなっていきます。

溝が深くなると建物の周囲の基礎などが不安定になり
建物に傾きが生じてしまいますし、
雨樋が無いと屋根に降り注いだ雨が地面に落下するのと
同時に壁面にまで伝ってしまいます。


屋根から壁面まで雨水が伝わると壁材に多くの水が染み込み、
常に水分を有している様子になるので腐食します。


壁材が腐食すると、建物の外見の見た目が悪くなってしまうだけではなく
耐久性が落ちたり隙間が空きやすくなるため、
強い風が吹いた際に隙間風が入り込むようになったり、
大きな穴が空いてしまう事もあります。


また雨樋が枯れ葉やゴミ、砂などによって詰まっていると
何も無い状態に比べて雨樋自体が重くなる上枯れ葉やゴミ、
砂などが詰まっていると雨天時に屋根から雨樋に流れ込んだ水分が
流れずに溜まり続けてしまいより一層重くなります。
雨樋は屋根から伝ってきた雨水をスムーズに流す事を
考えた耐久性を有しているので、ゴミなどが溜まっていたり
雨水がせき止められていると重みにより落下する可能性があります。

火災保険申請に関するご質問・お見積り・ご相談 全て 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。