雨樋の修理と一緒に行うべき工事とは??

あまどい屋 日本住宅診断株式会社 TOP > 雨樋の修理と一緒に行うべき工事とは??

雨樋の修理と一緒に行うべき工事とは??をお伝えします。

雨樋修理・雨樋交換のあまどい屋です。

雨樋の修理は1階の部分の場合は足場が不要なケースがほとんどですが、2階部分や1階部分でも高さがある場合は足場を組むことがほとんどです。

足場を組み、撤去することに伴う料金は建物や修理箇所にもよりますが、15万から20万円程度かかる場合が多いようです。

そうなりますと、雨樋の修理だけではなく、足場が必要な他の工事も同時に行う方がコストパフォーマンスが良くなることでしょう。

足場が必要になる工事には、外壁や屋根の塗り替えや屋根の葺き替え、太陽光システムの設置や窓や雨戸の修理など高所作業が必要な分野があります。

特に最近では自然災害に対応するリフォームが注目されていますが、耐震性をアップさせるための金属屋根などの軽量の屋根材が開発・発売されていますので、そのような工事を同時に行うことでコストダウンを図ることができます。

さらに、バルコニーのサビ補修や再塗装、2階窓の交換なども早めに行うことで、将来に大規模な修繕を行わないで良いようにできますし、素材や機能性がアップした材質に変更することで耐用年数を延ばすこともできるはずです。

日本の厳しい気候環境では劣化が顕著に出てしまうことが建物外部でよく見受けられますから、早めの発見・修理を行うことが快適に済むためのポイントとなります。

火災保険申請に関するご質問・お見積り・ご相談 全て 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。