写真でわかる、雨樋の劣化はわかるもの?

あまどい屋 日本住宅診断株式会社 TOP > 写真でわかる、雨樋の劣化はわかるもの?

写真でわかる、雨樋の劣化はわかるもの?をお伝えします。

雨樋修理・雨樋交換のあまどい屋です。

写真でわかる、雨樋の劣化はわかるもの?
と質問をいただきました。

結論から申し上げるとわかります。

そもそも、
一般住宅の殆どに雨樋が設置されており、
木造家屋で一軒家であれば屋根のせり出し部分の下側に
設置されていることが基本です。

素材は樹脂製のものと金属を使っていることが多いのですが
、屋根に降る雨を雨樋がキャッチをして、
排水パイプを通して地面の排水口に雨水を逃がすという構造です。

この構造により、住宅の敷地内にできるだけ雨水を浸透させずに
基礎部分や土地の緩みを防ぐという大切な役割を持つことが分かります。
一定の期間が経過すると、雨樋は劣化を起こしてしまいます。

写真でも確認することができ、例えば破損している箇所があれば
歪みや穴が開いている状態を写真で知ることができます。

雨樋の下側の外壁部分を撮影した写真からでも、
汚れたシミが付着している状態を確認できたら、
その部分に損傷が起きていることになります。

劣化は色落ちからでも判断できます。

塗装が施されているような雨樋の事例では、
写真撮影をしても変色していたり、塗膜が剥がれている箇所を判断できる場合があります。

色落ちを起こしている場合は劣化が早く進む可能性があるので注意が必要です。
雨樋の劣化現象は取り付け金具も写真から判断できます。

金具が破損していたり、錆が多く付着している場合では既に劣化しているので、
交換作業を行うことで住宅を守ることができます。

火災保険申請に関するご質問・お見積り・ご相談 全て 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。